荒れ野が原

ギリギリのバランスを保つ世界を面白可笑しく観察したい。臨終の海にDIVE★☆★

2017:December

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

2008.04.17 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006.01.24 Tuesday

I love U love ちょこれーと  


もうすぐ2月。堀江もんが捕まったり、欠陥住宅が問題になっているこの頃ですが、そんな事関係無く街がチョコレートムードになってきましたよね。
この季節になると思い出す事が有ります。高校2年の2月、宇多田ヒカルが『AUTOMATIC』をヒットさせた冬の事です。
当時、毎日の様につるんでいた友達が居ました。彼女は大変内気で真面目な性格で、教室に居る時はいつも行儀良く椅子に座っていました。少しヤサグレていた僕に何でそんな友達が出来たのかは今でも不思議なのだけど、兎に角彼女と一緒に居ると楽だった。
そんな彼女が恋に落ちたのです。『恋』と口走るのも恥ずかしがる様な彼女が、です。僕はそれを聞いたときとても嬉しかった事を今でもハッキリ憶えています。
時は満ちている。しかももうすぐバレンタイン。彼女と僕は、放課後毎日の様に計画を立てました。電話もいっぱいしました。その度彼女は「勇気が出ないよ」っていいました。
やってきた2月14日、彼女は朝から緊張しっぱなし。やっぱり「勇気が出ない」っていっていました。
帰り、お目当ての彼をつけました。彼の乗った電車に僕達も乗る。そして、、、、X駅のホームに降りた彼を追って,彼女は彼にチョコを渡しました。
もうほとんど勢い。チョコを渡して彼女は走り去った。でも僕にとってその姿はとてもカッコ良かったのです。感動して涙が出そうになりました。
その恋はうまくいきませんでした。。。。でもとても良い想い出になりました。この季節になる度にあの毎日が心に戻ってきます。そしてこの季節になると必ず彼女にメールをします。今年もメールするのが楽しみですハートハートハートハート

2008.04.17 Thursday

スポンサーサイト

Comment

Form





Trackback URL

http://dangolife.jugem.jp/trackback/10